Webサイト制作(ホームページ制作)、リニューアル、保守など、お気軽にご相談ください。

株式会社ウェブスマート
お問い合わせはお電話でも受付!03-5817-0221
Websmart

トップ > Webソリューション > Webプランニング

Webソリューション
Web Solution

Webプランニング

ホームページをつくろうと考えているんだけど、ウェブスマートと他の会社は何が違うの?

ウェブスマートが他社と決定的に違うのは、ソリューションプロバイダーの大塚商会グループの一員として、「お客様と末永く付き合える関係」の構築を最終ゴールに、Webサイトを使ってどのようにビジネスを展開するか、お客様に提案しております。

例えば、ウェブスマートが考えるWebプランニングは、
「1.現状把握と課題解決提案」
「2.高品質最適アウトプット制作」
「3.顧客満足度向上」
この3つのポイントを押さえた上で、顧客ニーズに添った形で展開していきますが、その時、ウェブスマートは最終ゴールを「お客様と最良の関係を持続すること」に定めて、企画立案を行っております。

具体的にはどのようなことをするのですか?

ウェブスマートでは、Webプランニングを3つの工程に大きく分けて考えており、それぞれの段階でお客様のヒアリングを基に、検討を行います。

Webプランニングの3つの工程

1.目標設定
ビジネス上お客様の置かれる状況は千差万別です。
状況が多様化する中、最適な目標設定は、Webプランニングの中で最も重要な事項の一つです。
目的 必要な要素 ウェブスマートが提供できる技術
A:ブランドイメージ発信
企業力イメージを強く告知したい お客様への正確な企業ブランドイメージを発信できるビジョンデザインの構築 企業イメージ作成統一感のあるデザイン作成
CIを発信したい お客様への正確な企業ブランドイメージの設定 記憶に残るデザイン作成他社との違いの訴求
企業力を宣伝したい 企業の力を主観的客観的両方の側面から訴求するコンテンツ制作 経営者の情熱の伝達
統計データの利用
CI,VIの利用
目的 必要な要素 ウェブスマートが提供できる技術
B:集客
イベント情報の告知 インパクトがあり参加までのわかりやすいビジュアルデザイン制作 参加の具体的メリット訴求
インパクト訴求
目立つ誘導デザイン特設ページ作成
セミナー情報の告知 受講者にとってのメリット、費用対効果訴求とわかりやすいビジュアルデザイン制作 参加の具体的メリット訴求
費用対効果訴求
目立つ誘導デザイン特設ページ作成
無料パンフレット等の配布拡大 資料ダウンロードまでがスムースに行える導線設計 資料ダウンロードエリアの差別化特設ページ作成
目的 必要な要素 ウェブスマートが提供できる技術
C:販売促進
新商品、新サービスの拡販 メリットの訴求とメリットを後押しするブランドイメージ発信 開発秘話作成
客観的なデータとのデータ比較
取材によるユーザボイス
既存商品、既存サービスの拡販 メリットの訴求とメリットを後押しする客観的データの発信 事例紹介
他社との違いの訴求
商品、サービス詳細仕様比較表作成
ネットショップの売上拡大 企業の力を主観的客観的両方の側面から訴求するコンテンツ制作 経営者の情熱の伝達
統計データの利用
CI,VIの利用
目的 必要な要素 ウェブスマートが提供できる技術
D:情報伝達
社会への啓蒙活動 一般消費者向けコンテンツ制作 クリエイティブ性の高いデザイン表現
社会貢献への取組みを紹介 CSR情報掲載 最適な情報設計と簡潔明快な文章
企業情報の公開 サービス商品情報の最適な情報掲載 正確な内容をわかりやすい情報デザインで
2.現状課題抽出
お客様を取り巻く現状を把握することが必須です。現状を把握することによって、課題を抽出いたします。現状課題を把握する際に重要なことは、課題の一点だけに着目しないということです。全体を俯瞰できるよう課題をリストアップし、優先順位をつけ課題解決の提案にあたります。
ウェブスマートではWeb上の課題を抽出するために以下の調査を実施しております。 調査はお客様の状況に応じ、最も費用対効果の高い組み合わせでご提案いたします。
調査項目 内容
現状課題、運営体制ヒアリング クライアントのビジネス現場で起こっている事象を対面での聞き取りを通じて把握する
現状サイト構造調査 現状Webサイト全体の構造を把握し、構造上の問題点・コンテンツ傾向や過不足を明確にする
アクセスログ解析調査 Webサイトを訪れたユーザーがどのくらいの数で、どんな割合でサイト内を訪問・遷移しているのかを把握する
ヒューリスティック調査 Webサイトの視覚性、視認性、操作性の問題点を把握する
検索エンジン調査 検索エンジンに対する有効キーワードでの検索エンジン検索結果状況を把握する
アンケート調査 ユーザーの生の声を収集し、ニーズを把握する
3.課題解決案の提示
現状の課題を抽出した後、下記要素を加味し分析いたします。最も費用対効果の高い、お客様がすすめやすい仕事のやり方で業務を遂行することをお約束いたします。

お問い合わせはお電話でも 03-5817-0221

このページの先頭へ

facebook